『楽楽紙』水稲育苗資材の特徴について 
1.『楽楽紙』は自然と環境に優しい田んぼの有機肥料として還元されます。
2.『楽楽紙』の使用で、床土量が大幅に削減され自然破壊の防止と環境保全につながります。
3.『楽楽紙』使用育苗は慣行(床土100%)育苗に比べ、とても軽くコストも安く仕上がります。
4. 平な箱底や凹凸構造の育苗箱等での床土削減には限界があり、それをさらに
.....削減するため開発されたのが「楽楽紙」です。生育が均一で健苗、取扱いが簡単で、
.....重労働から大きく開放。播種、育苗、運搬、田植、活着、その後の管理、収穫迄全ての
.....部門で慣行育苗とお比べ下さい。
5. 床培土、約300g程度 (但し標準培土形状) 使用までは、完ぺきな「すじ播き」になります。
6. 初めて『楽楽紙』をご使用の時は(床土1~1.1㌔・覆土1.4~1.3㌔)合わせて一箱2.4㌔(2.6㍑)
.....どちらも肥料入り育苗培土で準備をしてください。肥料が不足と思われる時は播種時の散水に
.....液肥を混入か、慣行に習い追肥を行って下さい。(経験で床土はさらに削減できます。) 
7. 播種時の一箱散水量は床土と覆土の使用量で異なるため、約0.5~0.6㍑
.....(床土1~1.1㌔覆土1.4~1.3㌔使用時)とご案内してありますが、(直ぐハウス等にベタ並べ育苗とちがい)
.....過剰な散水は芽の不揃い原因となるため上箱の底孔から水が下箱に漏れない程度に減水して下さい。  
8. 育苗機や無加温芽揃いは必ずべた重ねをし、芽は慣行より2〜2.5倍程度長く出し揃えて下さい。
.....※べた重ね、無加温芽揃いは播種時の散水にぬるま湯を使用することで芽揃い時間を短縮できます。
9.「楽楽紙」は慣行(床土100%)や他床資材等と違いべた重ね状態で芽を長めに出し揃えてもその時点で
.....上箱の根と下箱の芽との絡みもほとんどなく芽揃いが長く出来るので育苗事故の多発する緑化期を短縮し
.....安定した育苗が行なえます。(芽が長くとも秋の倒伏とは関係ありません)
10. 播種後すぐベタ並べ芽揃いされる時は、慣行育苗同様過乾燥事故にご注意下さい。(十分散水)
11. 他育苗資材に比べ水分が速やかに「楽楽紙」の隅々まで均一に行き渡り、生育に適した保水と排水機能が働き、
.....部分過湿、部分過乾や、資材等が原因と思われる生育(局部)障害等もなくその後の「プール、ハウス、
.....折中苗代、トンネル、その他の育苗」管理も大変楽です。
12. 慣行(床培土100%使用)に比べ施肥量が同じでも、葉色が多少淡いですが心配いりません。
13. 予期せぬ災害や緊急時には慣行資材に比べ体積も小さく軽量なので被災地等へ速やかに育苗資材として、
.....また播種した状態や、長めの芽揃い状態で、大量に遠方(全国)輸送出来ます。これも「楽楽紙」ならではのもの
.....であり、他慣行育苗資材では不可能と思われます。     
14. ロ-ル苗用(50㍍)で育苗される方は現在お使いの田植機の育苗箱に合った切断や、一巻き全部に育苗後、
.....ロ-ル田植機に合った必要長さの苗に切り取りご使用下さい。
15. 慣行育苗に比べ苗床部分が多少乾いても田植え機の苗乗せ台の滑りも良く、所定量の掻き取りで植え付け不良は
.....起こりませんが播種欠部は植付なりません。(厚播きし播種欠対応して下い)。
16.「慣行育苗」と同じ厚播きしても「楽楽紙育苗」は生育に適した「楽楽紙」特有の適度な排水、保水と通気
.....(苗横から)の働きで、蒸れ苗等の障害もなくガッチリした建苗に育ちます。
17. 慣行育苗に比べ床土量が少なくとも、楽楽紙の働きで、苗の充実度、田植後の活着、その後の生育、病害虫、
.....倒伏、収量、品質の差は全く(勝るとも)変わらぬ事が確認されております。
  ◎◎◎ 株式会社 千 古 家 ◎◎◎ 
営業技術統括部 担当: 渡部 (資料ご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。) 
〒999-0603 山形県西置賜郡飯豊町大字黒沢1318 
TEL 0238-78-5025   FAX 0238-78-5065