展示苗代
展示苗代
果樹園での育苗。
同じ条件管理での比較です。
楽楽紙の働きで水分が均一に行き渡り、草丈も均一で太くガッチリした健苗に育ちます。
楽楽紙は、苗に隙間を作り通気を良くし、
楽楽紙に水分が均一に行き渡るため、草丈も均一に育ちます。
5箱程度積み重ねて運搬ができます。
苗取り板を用いずに取り剥がせます。 苗箱の種類は(ポット育苗箱は除く)選びません。
女性の方でも軽く2~3枚持つことができます。
苗が乾いても苗乗せ台の滑りも良く、植え付け不良も起こりません。
慣行育苗に比べ生育、病害虫、収量、品質の差は勝るとも全く変わらぬ事が確認されております。
表紙に戻る
楽楽紙を根が突き抜ける前なので、下芽と絡まずベタ並べ作業が大変楽にはかどります。
※無加温重ね芽揃いも、慣行芽揃いより2~2.5倍程度長めにして下さい。
弊社の展示苗代です。平成7年~20年迄毎年7,500箱育苗。
弊社の展示苗代です。平成7年~20年迄毎年7,500箱育苗。
果樹園での育苗。
左が慣行(土100%使用)育苗。右が楽楽紙使用育苗です。
蒸れ苗のないガッチリした苗を作ります。
次のページへ移動